新着・夏におすすめ簡単ケアの記事があります。

肌ケア「マイナス10歳肌」になるオールインワンジェルの使い方

肌ケア「マイナス10歳肌」になるオールインワンジェルの使い方

肌は、夏だけでなく、年中降り注いでいる紫外線や乾燥などで、常にダメージを受けています。

例え外出していない屋内であっても、窓越しに入ってくる紫外線でも一気に年をとってしまうので油断大敵です。

そのまま放おっておくとシミ、シワ、たるみを作り、5歳~10歳も老けてしまう事も!!

そこで、今こそ!肌ケアが大切。

今回は、春から夏の肌に特にオススメの簡単にケアできるオールインワンジェルの使い方について、お届けします。

肌ケア・朝の基礎化粧は意味なし?

朝のケアは手抜きしがちです。

特にこれから暑い時期になってくると、洗顔後さっぱりした肌に化粧水だ、乳液だ、美容液だ、クリームだと色々と基礎化粧品をつけるのも嫌な時がありますよね。

「肌はべたべたするし、汗も出るし、何を付けても流れてしまい同じでは?」

と、うんざりな方も多いのではないでしょうか。

まして、朝はその上から、ファンデーションや頬紅やアイメイクなどしたところで、汗で化粧はくずれやすい。

汗や水に強い!

とうたってある、ウオータープルーフタイプのアイラインやマスカラなどあれこれ使ってはいても、結局ファンデがヨレたり、目の下がパンダになる事も。

「そうそう~、そうなのよ!」と皆さん、共感して頂けるのではないでしょうか。

そうですね、どんなに肌に良い基礎化粧を使っても、肌がクリアな状態でないと浸透しないので無意味になります。

そこで、まずは基本の洗顔からおさらいのつもりで、みていきましょう。

肌ケア・朝の洗顔はこうする!

猛暑の朝の基礎化粧・マイナス10歳肌にする!オールインワンの使い方 2018.08.28 スキンケア

そもそも、洗顔はお湯だけ、または水だけで石鹸など使わないという方も多いようです。

あなたはどうですか?

起きたての朝の肌は、特に要注意です。

 

朝の洗顔は、ぜひ洗顔フォームか石鹸を使いましょう。

その理由は、夜寝ている間にかいた汗、皮脂やホコリをお湯やお水だけではキレイに落としきれないから。

すると、だんだん毛穴詰まりをおこしてしまい、くすみや吹き出物などの原因になるためです。

洗顔フォームか石鹸を使って、たっぷりの泡で優しく洗いましょう。

〈洗顔のポイント〉

  • たっぷりの泡で顔をつつみこむようにくるくると泡のマッサージのように
  • すすぎも、こすらずぱしゃぱしゃとすすいだら、タオルで優しく押さえる

これが肌にとって正しい洗顔の仕方です。

おさらいのつもりで、いつもの洗顔を見直してみて下さいね。

 

【ココ注意!】

※洗う時、すすぐ時、拭く時、どれも決して顔をこすらない事!

通称こすりシミ”といって細かな傷を顔に毎日作ってしまい、ある日シミとして出現する&くすみの原因になってしまいます。

【初回980円】純度100%北海道産サラブレッドの馬プラセンタ美容液の12,600円が92%OFFで買えるのはここだけ!
※このキャンペーンは他のページからリンクされていない公式サイトのみの特別価格です

夏の肌ケア・朝のオールインワンジェル付け方

マイナス10歳肌アラフォー朝のお手入れ洗顔のポイント

さて、次は、基礎化粧品をつけていきます。

とはいっても、朝は簡単、時短、オールインワンジェルのみ!

では、なく「マイナス10歳肌」のためには

オールインワンジェル前に化粧水、そして、UVクリームも必要です。

 

【朝の基礎化粧は3つ】

化粧水⇒オールインワンジェル⇒UV

★コスパが良く私も使ってるおすすめのUV入りCCクリーム⇒UVも、ブルーライトも、大気の汚れも。1本8役 の欲ばりCCクリームくわしくはこちら


オールインワンジェルだけではダメ?!

マイナス10歳肌アラフォー朝のお手入れ洗顔のポイント

「なぜ、オールインワンなのに、化粧水やUVをつけるの??」

という、疑問の声が多くあります。

ですが、私が美容業界で沢山のお客様の肌を見たの経験からいうと、オールインワンだけでは肌は衰えが早くなります。

これ1つでOK! という歌い文句をよく耳にしますよね。

あれは、商品を売れやすくするための宣伝文句であって、通常のケアよりもオールインワンジェル1つ付ける方が肌に良い訳ではありません。

”何も付けないよりはマシ”というレベルと思って頂いた方が正しいです。

簡単で時短になる事は確かですが、それ以上でもそれ以下でもありません。

オールインワンジェルにプラスして化粧水とUVクリームの3点を朝はつけましょう。

オールインワンジェルに化粧水はもちろん、UVも入っていても、上塗りをして下さい。

紫外線から肌をしっかり守る事!!

これが、なにより朝のケアで大事です。

夏の肌ケアに最低限必要なものは?

夏の肌ケア・朝の基礎化粧は化粧水⇒オールインワンジェル⇒UV

これが美肌にとって必要なケアと、お話しました。

オールインワンジェルを最大限に活かすためにも、洗顔後の肌にまずは、水分を与える事がポイント

そうすると、浸透しやすいクリアな肌になるからです。

もちろん、水分が入っているオールインワンジェルですが、

オールインワンジェルだけに過度な期待をせず、洗顔後はちゃんと化粧水は付けましょう。

オールインワンジェル1つだけのケアと3点ケアとの違いは、丁寧に肌を見ていると顕著(けんちょ)にその差がでてきます。

何が違うかって、肌の乾燥や日焼け具合、老化のスピードが確実に違います。

敏感にみていると、たった1日でもその差はわかります。

1週間試しにやってみると、あまり美容に関して敏感でない方でも、違いがわかる事でしょう。

但し、1週間以上やるとダメです。

差が解らなくなります。慣れてしまうのです。(個人差はありますが)

肌ははっきりと差がどんどんついていくのに、それを感じとれなくなってしまうのです、楽な事はすぐ慣れてしまうのが常です。

だから、肌への違い、その差を確かめてみる気で試す時は長くても1週間で止めて下さいね。

あなたは大丈夫?「プラス10歳肌」の危険性とは?

マイナス10歳肌アラフォー朝のお手入れ洗顔のポイント

もし、あなたが1週間、1ヶ月、半年~2年~とかオールインワンジェルのみ、本当にこれ1つだけで済ませてしまっていたとしたら・・・

ちゃんと順番に基礎化粧品でお手入れしていた頃の自分の肌と、もしくは、同年代の方の肌と比べて確実に・・差が出てしまいます。

沢山のシワ、シミ、たるみが表面上に現れてしまったあとでは、結局は取り戻すのに何十倍もの努力がいります。

一度できてしまったシワやシミはなかった事にするには、なかなか難しいのです。

どんなに高価な基礎化粧品でも、限界はあります。

こうなってしまうと、ボトックスヒアルロン酸注射レーザーなど、美容整形の範疇(はんちゅう)になってしまいます。

そんなお客様の肌を、店舗に居た現役時代に沢山見てましたし、基礎化粧品の内勤営業していた頃にそういう声も沢山聞いてきました。

ですから、どうかひと手間だけ3つだけです。

夏の肌ケア3点だけは付けて、続けて下されば幸いです。

夏の肌ケア・マイナス10歳肌になるオールインワンジェルの使い方まとめ

いかがでしたか?

夏の肌ケア、朝は洗顔が何より大事です。

洗顔のポイントは

  • たっぷりの泡で包み込むように洗う事
  • 洗う、すすぎ、拭く、どれも肌をこすらない事

そして、洗顔後の基礎化粧は、化粧水とオールインワンとUVクリームの3点でお手入れする事が美肌にとって欠かせません。

決して、オールインワンだけ、1つのみで終わらせず、水分である化粧水と紫外線をしっかりとガードする為にUVを使いましょう。

参考にして頂ければ幸いです。

スキンケアカテゴリの最新記事