新着・夏におすすめ簡単ケアの記事があります。

毛穴汚れ黒ずみ対策ケアポイント

毛穴汚れ黒ずみ対策ケアポイント

赤ちゃんのようなキレイな毛穴って、理想ですよね。

毛穴の黒ずみが気になる時は、自分の毛穴黒ずみの原因を探り

それに合った対処をするのが一番の早道です。

 

黒ずみの原因は主に3つあります。

あなたは、どれにあてはまるでしょうか?みていきましょう。

原因をみつけて、正しい対処法で毛穴の黒ずみを解消して下さいね。

 

毛穴の黒ずみ原因1.乾燥

乾燥は毛穴の黒ずみをはじめ、様々な肌ダメージを目立たせてしまいます。

たとえ、自覚はなくても意外と部分的に肌が乾燥してる方は多いもの。

外気が乾燥状態にある時、室内でも冷暖房の刺激での乾燥、強い洗浄力のあるものを使用など間違った洗顔で乾燥状態になっていることも。

 

潤い不足の肌は、キメが乱れ、たるみなど、毛穴が開いて大きくなり一層目立つようになります。

潤いのある肌であること、これがキレイな毛穴の第一歩になります。

潤いのある肌とは、水分と油分のバランスが整っている状態をさします。

そして、毛穴の汚れがつまって角栓で塞いでしまわないよう日々のケアが大切です。

 

毛穴の黒ずみ原因2.皮脂分泌が多すぎる

元々、皮脂は天然のクリームといわれ肌に必要なものです。

ですが、皮脂が過剰に分泌されると毛穴汚れの原因になってしまいます。

一口に皮脂が過剰分泌されるとはいっても、その要因はさまざまです。

みていきましょう。

 

洗い過ぎ・拭き過ぎ

肌は乾燥すると、自ら天然のクリームである皮脂を出して肌を守ろうとします。

そのため、皮脂を気にしすぎてしまうがためにあぶらとり紙などで常に拭いたり、洗顔のやりすぎてしまう事で、肌は潤いをまた補おうとして更に多くの皮脂を作りだします。

「皮脂が過剰に作られる」⇒「肌がテカる」⇒「気になるので拭く・洗う」⇒「皮脂が過剰に作られる」

という悪循環が繰り返されてしまうのです。

 

どうしても気になる時は普通のテッシュで軽く押さえる程度がおすすめです。

あぶらとり紙を携帯し、頻繁に使用しないよう注意しましょう。

 

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンの乱れは、偏った食生活やストレスなどが原因で、体の内部的から皮脂が過剰分泌される事があります。

一般的に月経の前週は、黄体ホルモンが影響して皮脂が増え、毛穴が汚れやすくなります。

この時期は、肌荒れをおこしやすかったり赤みがでるなど、肌自体の調子が悪く感じたりすることがあります。

女性の体はとてもデリケートです。

体の波に逆らわず、自身を労るように過ごしましょう。

過剰な毛穴ケアは控え、ストレスをなるべく少なくし、リラックスして過ごすことが皮脂を過剰に作らせない事に繋がります。

 

偏った食生活

偏った食生活も、原因になります。

食生活で気をつけることは、皮脂を多く作る原因となる、油、脂肪分を多く含む揚げ物やスナック菓子などは控えるようにしましょう。

皮脂のバランスを整える効果があるビタミンB2、ビタミンB6を多く含むレバーやうなぎ、かつお、まぐろ、バナナなどを摂ると良いでしょう。

 

ストレス

ストレスの多い生活は、ホルモンバランスを乱れさせる原因となり、皮脂を過剰に作らせる事にも繋がります。

趣味や適度な運動をして、気分転換を上手にはかりましょう。

ぬるめのお湯で長めの入浴で心身ともにリラックスをする、質のよい睡眠を充分にとる、などストレスを軽減させることが

毛穴をはじめ、肌をキレイに導くために大切な事です。

 

毛穴の黒ずみ原因3.間違った毛穴ケア

毛穴汚れや黒ずみは、皮脂の汚れが詰まっていたり、毛穴の開いていることにより目立たせている、という事をお話ししてきました。

しかし、逆効果になるような間違った毛穴ケアをしている方も少なくありません。

良い事だと思ってやっている事が、実は毛穴の汚れ黒ずみを酷くしてしまっていた!

という事にならないように、やってはいけない事も知っておきましょう。

 

毛穴汚れ・黒ずみにやってはいけない事

てっとり早くエステなどで器械や機材、薬剤などを使い、無理に(人工的に)毛穴を開かせ、毛穴を洗浄する方法があります。

しかし、それらの方法が必ず良い結果に結びつくというものではありません。

他、シミやシワなどのエイジング目的でのケアが、結果的に毛穴汚れや黒ずみの原因になる事があります。

 

また、薬剤が原因で毛穴が開ききってしまい、閉じにくくなっていく(毛穴が大きく感じたりします)ケースも多くあります。

プロがやっている施術だからと、過信は禁物です。

 

確かに一時的にはキレイになっても、あなたの肌はあなたにとっては一生モノです。

後々になって、かえって毛穴汚れや黒ずみが目立ちやすくなる事は避けたいですよね。

そのためにも、正しい知識を身につけましょう。

 

ピンセットで角栓や皮脂を取り除く

毛穴汚れや角栓が気になり、ピンセットなど直接とろうとする方もいますが、当然肌を傷つけてしまいます。

肌に傷がつくと、そこから細菌が入って吹き出物の原因になったり、細かい傷がシミとして残ってしまう事があるのでやめましょう。

 

爪や指で角栓や皮脂を強く押し出す

これも、ピンセットで取り除くのと同様に、肌を傷付ける可能性があります。

無理に毛穴を開かせてしまうことで、毛穴の入り口がぽっかりと開いてしまい、また汚れが入り込みやすい状態を作るのでやめましょう。

 

毛穴パック・角栓とるシートケアは危険?!

セルフケアで、自ら毛穴汚れや黒ずみをひどく(黒ずみしやすく)させているケースも多くあります。

 

例えば、ドラッグストアなどにもある身近なものでは、『毛穴パック』鼻の頭に貼って毛穴汚れを落とすタイプのシート状などを使用したケアです。

ケア直後は、黒いポツポツである角栓や皮脂がとれるのが目にみえるので、やみつきになってしまっている方も多いですよね。

実はこれ、かえって毛穴が広がり汚れが入り込みやすくなる危険性が高くなるので

毛穴パックを使う時は、注意が必要です。(後々がとても厄介なので正直、私はオススメしません)

 

なぜなら、薬剤などで人工的に毛穴を広げてしまった肌は、元に戻りにくく毛穴が開いたままになりがちです。

これは、毛穴に汚れが入りやすい状態になり、かえって毛穴が目立つ結果になることがあります。

 

もし、即効性を求めてどうしても使用したい時などは、ケアの後が大切です。

毛穴パック後は、冷水や冷たくしたタオルなどで、毛穴(肌)を元に戻し引き締める事を怠らないようにしましょう。

 

毛穴の汚れ黒ずみの対策

では、毛穴の黒ずみを解消、キレイにしてくれる正しいケアはどういったものなのでしょうか?

 

毛穴の黒ずみの正体は、皮脂とそれに入り込んでくっついた外気の汚れ。

基本のケアは、毛穴の黒ずみの原因となる汚れを溜め込まず、『毎日きちんとクレンジング石鹸洗顔で取り除くこと』です。

たかが洗顔、されど洗顔、とても身近で大事なケア方法です。

 

正しい洗顔法には、大きく分けてポイントが2つあります。

普段行っている、あなたの洗顔と見比べながらみていきましょう。

 

ポイント①ノーメイクの日でもクレンジングは毎日行う

クレンジングはメイクをしている時だけでいいと、誤解していませんか?

実は、これが大きな落とし穴!毛穴汚れ黒ずみの原因TOPです。

少しずつ毛穴に皮脂や汚れがたまり、角栓というフタをしてしまう状態になりがちです。

 

ファンデーションを塗っていなくても、たとえ石鹸で落ちるとうたわれているUVクリームを使っていたとしても

毛穴黒ずみの原因になる余分な皮脂汚れ(油)を落とすために、毎日クレンジングすることが正解!

これを続けるだけでも、美肌毛穴美人に効果大です。

もちろん、こすらず優しく行いましょう。

ポイント②人肌のお湯を使う

洗顔の際に使う水には、冷たすぎても熱すぎてもNGです。

冷たい水は、毛穴を引き締めてしまったまま洗う事になるため、毛穴の中の汚れを残してしまう原因になります。

かといって

熱いお湯は、皮脂を取りすぎてしまうため毛穴が目立ちやすい乾燥肌が加速する他、毛穴を開かせることで汚れを入り込みやすくなり毛穴が目立つ原因にもなります。

毛穴にとっても肌にとっても、一番理想的な温度は人肌です。

人肌の温度とは、32℃~35℃位、熱くも冷たくも感じない程度です。

 

入浴の際など、体を洗う同じ温度のお湯を、使っている方が多いのではないでしょうか?

ちなみに、シャワーをそのまま顔にかけるのは肌に刺激が強く、たるみをつくる原因にもなるのでよくありません。

洗面器にお湯をはり、水で薄めて適温に整えて洗顔する事が、肌にも毛穴にもよい方法です。

 

ポイント③たっぷりのキメ細かい泡で洗う

効果的に毛穴汚れを日々取り除くためには、クレンジングと洗顔が基本のケアです。毛穴に入り込むキメの細かいもっちり濃厚な泡と、洗い方が大切です。

かといって、特別な洗顔料を使う必要はなく、普段は市販の洗顔石鹸で十分です。

 

そして、できれば今詰まってしまっている毛穴の汚れ(角栓なども)をとりのぞくために

肌に優しいスクラブケアを(週に1回程度でOK)オススメします。

 

毛穴汚れを落とす洗顔のコツは、泡の作り方。

キメが細かい泡を作るコツは、まず、手を石鹸で洗うこと(手の皮脂を落とすと泡がたちやすいから)

この、ひと手間で泡立ちがぐっとアップします。

次に、水分はあまり加えず少なめにして水気を切った泡たてネットなどを使うこと。これだけです。

 

両手にたっぷりの泡を作ったら、肌と手の間に泡が挟まっている状態で泡をコロコロ転がすように洗います。

 

毛穴汚れを落とそうと、こするのはNG、こすっても汚れはおちず、肌のキメが荒れたりシミの元になるこすり傷をつけてしまうだけ。

 

汚れは、泡が包み込む事で落ちてくれます。

優しく洗いましょう。

ポイント④化粧水は効果的な付け方で

乾燥を防ぎ、水分と油分のバランスがとれていれば肌は健康な状態、毛穴もキレイでいられます。

そのために、いつも付けている化粧水の付け方が大切です。

化粧水は何を使っているか、よりも、どう使っているか、が重要です。

どんなに良い(金額の高い)化粧水を使っていても、間違った付け方をしていては、化粧水の効果を半減させてしまっていることが少なくありません。

具体的には、付け方とスピードがポイントです。

 

洗顔直後の肌は一刻を争うほど水分が蒸発し、乾燥をひきおこします。

(下着をつけるよりも先になどとよく言いますがこれ本当です)

洗顔後は、なるべく早く化粧水をたっぷりと与えてあげましょう。

 

手軽でオススメな方法は、100円均一などでもあるスプレー式容器にお手持ちの化粧水を入れ、洗面所やお風呂場などに常備しておくことです。

洗顔後はすぐに、スプレー式の化粧水でとりあえず、顔全体が潤うようシュッシュとしておきます。

 

そして、落ち着いてから今度は丁寧に化粧水を付けていきましょう。

(くれぐれも、さっき化粧水スプレーしたから、と化粧水を省き、次のお手入れに進んでしまわないようにしましょう)

化粧水の付け方は、手の平でもコットンでもどちらでもOKですが、優しく押さえるようにして与えます。

 

仕上げはハンドパック

化粧水を丁寧につけたら、仕上げに顔全体をハンドパック(上のイラストのように、両手で顔に包みこみ顔全体で30秒程でOK)

を行い、体温で温め肌に化粧水を浸透(※1)しやすくさせることです。(※1)角質層まで

その後はいつもどおりにケアをして下さい。

 

なお、オールインワンゲルをお使いの方も、先程ご紹介した”とりあえずスプレー式化粧水”は取り入れてみて下さい。

これだけでも肌が喜び、キメが整い毛穴が目立たなくなる方も!

 

 

おわりに

いかがでしたか?

毛穴汚れ黒ずみを解消するには、「洗浄」「毛穴を引き締める」このシンプルなケアを日々怠らない事です。

毛穴汚れ、黒ずみの正体である皮脂や外気の汚れは、きちんと取りのぞくために洗顔前のクレンジングは毎日行うことも大事でしたね。

 

そして、最後に、簡単で手軽なケア「仕上げのハンドパック」を紹介しましたが

これは、化粧水のあとだけでなく、美容液やクリーム、またはオールインワンジェルをつけた後など

その都度、ハンドパックを行うようクセにしてしまう事をおすすめします。

 

 体温で温めることにより、基礎化粧品がより効果的に肌に働きかけてくれます。

[クチコミNo.1] 水を一滴も使用しない処方の国産オーガニックコスメ

 

なお、顔だけでなく、全身を手軽にケアしたい方に!

私も週に1度バスタイムで愛用していますが、コレ、たっぷり使えてリーズナブルでいいですよ。

自分へのご褒美に気持ちよくマッサージ♡癒し効果もあって、ツルツルすべすべもっちり肌でとってもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

皮脂毛穴、黒ずみ毛穴、開き毛穴、たるみ毛穴のお悩みに!【マスターホワイト美白洗顔フェイスソープ】

毛穴汚れ黒ずみカテゴリの最新記事