新着・夏におすすめ簡単ケアの記事があります。

顔のうぶ毛や口周りのひげの処理方法

顔のうぶ毛や口周りのひげの処理方法

鼻の下・口周りのひげに注意

顔のうぶ毛や口周りのひげの処理

女性の皆さん、鼻の下、口周りのひげって気になったことないですか?

また、他人の女性の口周りのひげが気になった経験はないでしょうか?

 

自分の事は案外気づきにくいのですが、まさに自分の鼻の下、口周りはそういう場所です。

鼻毛はもとより、鼻の下や口周りのうぶ毛って意外と目立つものです。

あなたは、大丈夫ですか?

 

鼻の下・口周りのひげに8割の男性が興ざめ!

顔のうぶ毛や口周りのひげの処理

男性の8割は、女性の鼻の下や口周りのひげを、食事をする際などに見つけてしまい気になった事があると答えています。

これが、大すきな彼氏だったら・・・男性は興ざめする事でしょう・・

現に、キスする際に、彼女のひげを見てしまい気が失せたと答えている男性も少なくありません。

 

また、季節や場所も要注意です。

例えば、夏場は太陽の光が強い他、オフィスやコンビニなどにある蛍光灯の下は特にひげが目立ちやすいものです。

ですが、他人と会う場所は、意外と太陽光の下の屋外や蛍光灯の室内が多いのです。

 

そのため、顔のうぶ毛はもとより、鼻の下、口周りは普段から気をつけてケアしたいデリケートゾーンなのです。

 

顔のうぶ毛・口周りのひげ処理方法

あなたは、鼻の下・口周りのひげの処理方法は、どうしていますか?

女性の皆さんは、どんな処理方法をしているか、気になるところですが直接は聞きにくいものですよね。

100人の調査結果は?!

顔のうぶ毛や口周りのひげの処理

そこで、今回20歳以上の女性100人を対象にランダムに聞いてみました!

こっそり見ていきましょう。

 

〈顔のうぶ毛・口周りのひげの処理法〉

  • 顔そりの時にカミソリで処理・・・・42人
  • 脱毛クリームで処理・・・・・・・・22人
  • 除毛クリームで処理・・・・・・・・17人
  • 脱毛テープで処理・・・・・・・・・11人
  • エステや美容室などで処理・・・・・8人

 

結果は、顔そりの時にカミソリで処理する方法がトップ、エステや美容室など、お店で処理を任せている方は1割にも満たない事がわかりました。

やはり、圧倒的に自己処理派が多いようです。

 

ですが、この処理方法が問題です。

やり方によっては、毛を濃くしてしまったり、逆に目立たせてしまう事もあります。

それだけでなく、肌を傷つけてしまいシミとして残るなど、間違った処理方法は思わぬ落とし穴となる事もあります。

 

カミソリで剃ると毛を濃くする?!

なかでも、避けてほしいのは、カミソリや、脱毛テープによる自己処理方法です。

一番多かったのはカミソリで剃る方法ですが、できるだけ避けたいものです。

なぜなら、肌に細かいすり傷が入りあとに残る、通称こすりシミを作ってしまいがちだからです。

 

どうしても緊急的にカミソリで処理せざるおえない!

という時、また、こすりシミについてはこちらをご覧下さい。⇒https://bihadanohimitu.com/processing-of-beard-part2

 「顔のうぶ毛や口周りのひげの処理方法・Part2」へ続く

 

女性のオス化でひげが濃くなる?!

顔のうぶ毛や口周りのひげの処理

女性がオス化してしまうという言葉は、耳にされた事があるのではないでしょうか?

これは、若い女性(年齢に限らず)でも、見た目も中身も、おじさんのようになってしまう事をいいます。

例えば、社会現象として、一昔前まではおじさんの聖地であった赤ちょうちんの居酒屋やパチンコ屋などの場所に若い女性の姿が見られる事でオス化が知られる事になりました。

 

これが、笑っていられないのは、実際に体が変化し、女性本来の姿が変わってしまう事にあります。

気のせいではなく、具体的な体の変化として、男性ホルモンが増えて女性ホルモンが減る事も言われています。

ホルモンの変化に伴って、見た目は胸が小さくなったりひげが濃くなる他、中身も、闘争心などが増し攻撃的になったりなど男性的になる事があるとされています。

 

オス化はなぜ起きる?

では、なぜ、いわゆるオス化はおきるのでしょう?

〈オス化してしまう原因〉

  • 喫煙
  • アルコール
  • ストレス

など

男女均等法などもあり、女性が男性と同じように外で働く事によって、生活習慣が大きく変化したためと思われます。

 

女性の社会進出が進み、仕事のみならずアフターファイブの過ごし方も、例えばお酒を呑みに行くなど男性同様になっている日常があります。

近年ではあたりまえになったライフスタイルで、平等には大賛成です。(地位や年収などまだまだ平等とは言い切れませんが)

ですが、そもそも、体の造りは女性と男性では違います。

これらの生活習慣が与える影響は、女性の身体に負担を大きくしてしまい、心と体のバランスを崩してしまう事もあります。

 

また、女性ホルモンを減らし男性ホルモンを優位にしてしまう原因ともいわれています。

そのため、本来女性の柔らかく薄茶色または金色のうぶ毛ではなく、男性並みのひげへと変化していると思われます。

 

顔のうぶ毛、鼻の下のひげの処理これが正解!

では、どうすればよいのでしょうか?

もし、あなたが顔そりをする習慣がまだ、ないのであれば気になるところだけ(鼻の下など)部分的に「除毛」または「抑毛」する事をおすすめします。

 

「抑毛」とは?

よく、除毛と混同されがちですが、除毛は、表面に出てきている毛だけを取り除く事です。

これに対し「抑毛」とは、表面の毛だけを取り除くのではなく、毛の成長を抑えてだんだんと毛を細くしていきます。

その為、処理した直後だけでなく、継続的に見て毛を徐々に目立たなくすることができます。



抑毛クリームは安心の日本製・無添加のこちらがおすすめ!

抑毛のメリット

顔のうぶ毛や口周りのひげの処理方法

抑毛は、カミソリで処理した時のように肌が傷つき”こすりシミ”の危険性や、毛の断面をカットする事で太くしっかりした”ひげ”になってしまう事もありません。

また、「除毛」と違い、見えている表面だけを除去するのではなく、根本的な毛も徐々に薄くしていくので、将来的に見てもキレイになれます。

また、お手入れの間隔がだんだんと開くようになるので、煩わしさから解放されてラクなのも嬉しいところです。

女性特有のゆらぎに働きかける、次世代うぶ毛エッセンス【 dim.(ディミヌ)】

【顔のうぶ毛や口周りのひげの処理】のまとめ

いかがでしたか?

まだ、顔そりの習慣がないという方は、カミソリなどで無理に自己処理をせずに、そのままきれいなうぶ毛を保つ事をおすすめします。

これは、顔だけに限らず、腕など全身を含めいえることです。

 

では、もう既に、うぶ毛ではなく黒い、太い、目立つなどひげに近い状態になってしまっているという方、諦める必要はありません。

今日から、早速カミソリなどによる間違った自己処理はやめましょう。

『目立つから剃る⇒より毛が目立つようになる』この、悪循環になってしまうだけですから。

 

これをいい機会に、お手入れ方法を変えましょう。

あなたも「抑毛」処理を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

もう、夏の太陽の下でも、オフィスやコンビニの蛍光灯の下でも、顔を堂々とあげても大丈夫な自分に生まれ変われますよ!

キレイな肌で透明感のある、より美しい女性になって下さいね。

 

追伸・・・アンケートの結果、今回の内容は好評につき「顔のうぶ毛や口周りのひげの処理方法・Part2」を近日中にアップ予定です。

ご覧頂ければ幸いです。



 

スキンケアカテゴリの最新記事